「万葉の郷 ぬかづか」からのお知らせ
 第7期 環境こだわり米体験隊 募集中
環境こだわり米の栽培をとおして、農業と食のつながりを考え、おいしい近江米をたべてみませんか。
子どもと一緒に農作業体験をやってみたい家族やグループを募集しています。

作業内容  5月28日に田植え、9月下旬に稲刈り
      →1グループで1区画(1アール)、人力で行います。
      サツマイモ→田植えの日に苗を植えて、秋にいもほり
      大型農業機械の試乗や脱穀の体験もできます。
      田植えや稲刈りのときは、おにぎり・豚汁・お米のパン・天ぷら(予定)などをごちそうします。
会  費  オーナー制で1区画(1a)登録料は1グループ1万円です。
お 土 産 ★農薬や化学肥料を半分以下に減らした環境こだわり米を30キロ(コシヒカリの玄米)★さつまいも 約5キロ
申し込み締め切り  平成23年5月9日(月)
申し込み方法  電話、ファックス、Eメールで申し込んでください。


 平成22年産米 好評発売中!
 まじりっけのない、おいしいぬかづか米(すべて農薬、化学肥料を1/2以下に抑えた滋賀の環境こだわりの認証されたお米です)をぜひご賞味ください。
 スーパーやお米屋さんのお米とちがい、農家が食べている安全・安心のおいしいお米です。
 コシヒカリ、キヌヒカリ、秋の詩、夢おうみ、日本晴、もち米の6品種があります。
 玄米、白米 それぞれ 5キロ、10キロ、30キロ単位で販売します。
 
 5月3日からいよいよ田植えを始めます。23年産米もたくさんとれるよう頑張ります。

お米の注文はこちらから→ http://manyonosato.jp/goods/kome_order_h22.pdf


 万葉の郷ぬかづかが地産地消優良活動表彰で農林水産大臣賞を受賞しました。
 農事組合法人万葉の郷ぬかづかは、2月17日、東京代々木のオリンピックセンターで開催された「全国地産地消推進フォーラム2010」において平成21年度地産地消優良活動農林水産大臣表彰を受賞し、そのフォーラムで取り組み状況を発表しました。(全国地産地消推進協議会が主催)
 この表彰は、全国各地で、それぞれの立地条件を活かした創意工夫による地産地消活動が様々な形で展開されていて、これらの中から優良な活動を表彰するとともに、事例の紹介等を通して、全国の地産地消に取り組む関係者の方々に役立てていただくことをねらいとして毎年実施され、今年で5回目。
 本年度は、応募のあった団体のうち、都道府県、地方農政局を通じて推薦された22事例について、地産地消推進活動支援委員会による審査を経て、農林水産大臣賞2点、全国地産地消推進協議会会長賞1点、生産局長賞5点が表彰されました。この表彰において交流促進部門の農林水産大臣賞に万葉の郷ぬかづかが選定されました。
審査の概要、フォーラムについて↓
http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/tisan_tisyo/t_forum/2010/index.html



 2010年3月3日〜ジェラートはじまりましたよ!
万葉の郷ぬかづか加工部では、3月3日からジェラートを販売しています。
バニラ、ミルク、ストロベリー、ムラサキ芋の4種類です。
これから四季折々の野菜や果物など、地元産にこだわっておいしいジェラートを提供していく予定です。
お値段は210円です。ぜひお買い求めください。
(なおこれまで好評いただいておりましたソフトクリームは諸般の事情により販売を中止しました。)
ラジオスィート81.5さんいつも取材ありがとうございます。→http://radiosweet815.shiga-saku.net/e402179.html



 教育ファーム「環境こだわり米体験隊」
詳しくはこちら→ http://manyonosato.jp/edufarm/

 平成21年度の第5期「環境こだわり米体験隊」を紹介します。
 万葉の郷ぬかづかでは、消費者の皆さんとの交流やぬかづかの次世代を担う子どもたちに農業 に対する関心をもってもらうために、環境こだわり米体験隊事業を行っています。
 平成21年度は農林水産省から業務委託された社団法人農山漁村文化協会さんから応援をいただき、「にっぽん食育推進事業 教育ファーム推進事業」の協力団体として活動を展開しました。
 
P1 P2 P3 P4 P5 P6
CGI-design