「万葉の郷 ぬかづか」からのお知らせ
 5/24 ミャンマー農業灌漑大臣がお越しになりました。
今日は安倍総理がミャンマーへ行かれたそうですが、万葉の郷ぬかづかへは、ミャンマーからミン・フライン農業灌漑大臣他15名のミャンマー農業灌漑省関係者がお越しになりました。21日に成田へ着かれ、農林水産大臣表敬訪問、22日〜23日は農林中央金庫、ヤンマー、三井物産、全農パールライスなど東京周辺の農業関係機関を訪問され、24日は滋賀のヤンマーびわ工場見学ののち、糠塚の土地改良、集落一農場、第6次産業の取組などを視察されました。
大臣は集落の女性が取り組む米パンづくりにたいへん興味をもたれ、米粉や米パンをお土産に差し上げました。
25日は京都の中央卸売市場を見学され、翌日は鎌倉へ、27日には帰途につかれる予定です。

 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいますよ。
恒例のれんげ畑に鯉のぼりが泳いでいます。
れんげは鋤きこみして肥料になります。
鯉のぼりは5月11日頃まで天気のいい日に泳いでいます。
れんげ畑に入って遊んでや。



 田植えがはじまりました。
初夏を思わせる陽気や冬にもどったような寒い日もあり、着ていく服に困る季節です。
5月1日、いよいよ万葉の郷ぬかづかの田植えが始まりました。
ヤンマー8条植の新車です。
 
 第9期環境こだわり米体験隊募集中!
環境こだわり米の栽培をとおして、農業と食のつながりを考え、おいしい近江米をたべてみませんか。
子どもと一緒に農作業体験をやってみたい家族やグループを募集しています。

作業内容  5月25日に田植え、9月下旬に稲刈り
      →1グループで1区画(1アール)、人力で行います。
      サツマイモ→田植えの日に苗を植えて、秋にいもほり
      大型農業機械の試乗や脱穀の体験もできます。
      田植えや稲刈りのときは、おにぎり・豚汁・お米のパン・天ぷら(予定)などをごちそうします。
会  費  オーナー制で1区画(1a)登録料は1グループ1万円です。
お 土 産 ★農薬や化学肥料を半分以下に減らした環境こだわり米を30キロ(コシヒカリの玄米)★さつまいも 約5キロ
申し込み締め切り  平成25年5月18日(土)
申し込み方法  電話、ファックス、Eメールで申し込んでください。


P1 P2 P3 P4 P5 P6
CGI-design